人気動画ランキング!
 
フェラチオ・手コキコンテンツ

メインページはこちら

フェラチオ君と手コキ君のメインページです。 最初から見直したい方はこちらへどうぞ♪フェラチオや手コキの動画と画像はフェラチオ君と手コキ君にお任せ♪


フェラチオ・手コキ画像掲示板

フェラチオと手コキに特化した画像掲示板です。 皆様のお気に入りの画像を貼ってください♪投稿者に応援レスをお願いします♪


無料アダルトサンプル動画

フェラチオ君と手コキ君で配信しているフェラチオと手コキに特化した無料サンプルアダルト動画です♪抜きまくって下さい♪


出会い系サイト体験談

管理人が実際に出会い系を利用して素人さん達に手コキやフェラチオをしてもらった体験談を撮影した画像と共に紹介中♪


フェラチオ・手コキ風俗情報

M属性の男性が好きな手コキやフェラチオが楽しめる風俗店情報を紹介します。M性感や手コキ専門店・オナクラ等お好みで♪


フェラチオ・手コキ体験談

フェラチオや手コキ・M男にまつわるエッチな体験談投稿集です。今晩のおかずにどうぞ♪投稿は下のメールからお願いします♪


手コキ体験談
フェラチオ体験談
逆レイプ体験談
M男な体験談
風俗での体験談

投稿体験談過去ログ

フェラチオや手コキ・M男にまつわるエッチな体験談投稿集過去ログです。


フェラチオ投稿体験談


手コキ投稿体験談


M男投稿体験談


DUGA 無料手コキ動画

フェラチオ君と手コキ君がおススメする動画サイトDUGAの無料手コキ動画が見れます♪お気に入りのレーベルを見つけちゃって下さい♪

 
RSS FEED

フェラチオ君と手コキ君のRSS購読。

RSSフィード

 
この時間の人気記事
 
お問い合わせ

相互リンクや広告掲載・動画提供等のお問い合わせはこちらからお願いします。折り返し管理人からご連絡をさせていただきます。

お問い合わせ 相互リンクについて
 
相互リンクサイト様のリアルタイム更新情報!
相互リンクをしてくれるサイト様は 相互リンクについて をご覧いただいた上でご連絡をください。
こちらが当サイトの 最新記事のRSS です。
※定期的にメンテナンスを行いランキングを元に追加・削除をしていますのでご了承ください。
 
無料出会い系ハメ撮り画像コレクション 無料出会い系ハメ撮り画像コレクション
28歳SEX大好きOLに電マ使用とハメ撮り!

管理人さん曰く、初対面の時にきちんと目を合わせて話すのが苦手な女性はドM要素がかなり高いらしく、この女性も少しだけ高圧的な話し方をすると目を潤ませて電マでオナニーまでさせられてしまったそうで…。

見知らぬ男にオナニーや好きな体位まで告白させられたドMな女性は調教済みのせいかイク時も敬語を使って自らの気持ちを高めるんですね!


28歳SEX大好きOLに電マ使用とハメ撮り!の続きを見る

 
元女神だけど、人生を振り返ってみる フェラチオ君と手コキ君

TOPページへ > 体験談TOP > 風俗での体験談 > 元女神だけど、人生を振り返ってみる

各種ソーシャルブックマークに追加する

1:名も無き被検体774号+:2012/03/11(日)01:04:12.02ID:aW16oP330
PINK板で女神したりしていましたが、
まぁいろいろあったので人生を振り返ってみる。

(女神とはこの場合、2ちゃんねるの女神板で女性が自ら自分の裸などを撮ってUPする人たちの事です)

にじゅううん年前、某地方都市にて誕生。
母はお嬢様、父は貧乏6人兄弟の末っ子というロミオとジュリエット的な二人の
長女として生まれました。

ちなみに母方では初孫ね。

母は元々体が弱く、私が二歳くらいのときに入院しました。
父の会社に連れて行ってもらい面倒をみてもらっていたけど、
らちがあかなくなったので母方の祖父母のところに預けられることに。
母方と父方は実家が近いけど、ロミジュリで結婚をびみょうにはんたいされていたから
仲が良くないのです。

普段は母方で過ごして、なぜかお昼寝だけ父方でするという生活が始まりました。

母方は商売をしているのでお客さんがたくさんきます。
地元ではそれなりに有名な家。
だから周りの大人にかわいがられるしちやほやされるしで調子にのっていました。
「大人なんてちょろいわー。こういえば喜ぶんでしょ?」
「こうすればかわいがってもらえるんでしょ?」
みたいな。

それが普通になってきて、いつのころからか逆に、完璧に良い子を演じるのが
普通になってきました。

良い子でいればかわいがってもらえる

良い子でいなきゃ大切にされない

みたいに思うようになっていました。

そんな中3歳下に妹ができましたw
ママ・・・入院してたんじゃないのかよwwwww
いつの間にそんなことになったかはよく覚えてないけど、そんなこんなで
祖父母の家での生活が幼稚園の途中まで続きました。

幼稚園生になると先生や友達の親にも良い子のふりをしていたので、
評判はよかったんですよね。

ここまではきっと経験有りな人もいるくらいな感じだと思うんですが、
ここからかす要素が生まれ始めます。

しばらくしてまた親元に帰り、父・母・妹との生活が始まりました。
妹は夜鳴きがひどかったらしいけど私は覚えてない。
たぶんこの頃、父が会社員をやめて自営業をはじめたんだったと思います。

不安定な家計、
地元を離れて一人で育児。
友達ゼロ、知り合いすらもゼロ。
基本的に体調不良。

そんな母がヒステリーを起こすようになりました。

17:名も無き被検体774号+:2012/03/11(日)01:15:28.89ID:9KG8q2gf0

これはうpもなしにこのたららした自分語りで終わるのか?

21:名も無き被検体774号+:2012/03/11(日)01:20:06.50ID:aW16oP330

うぷw
アレ中だからボクサーパンツっぽいのでいい?w

母のヒステリーは大半が怒鳴り散らすこと。たまに暴力も振るわれましたが、
なにせ母自身がか弱いのでそんなにひどいことにはなりませんでした。
あー、あとは妹がよく追い出されていました。
季節も時間も関係なく。
寒い日の夜に何時間も放置なんてよくありました。

私はできるだけ母を怒らせないように・母の望むような返事や行動を
観察しながらすごしていました。
そのせいで、幼少期もヒステリーであたられたのは大半が妹で私は逃げているばかりでした。
ごめんよ妹・・・。
当時の私を母は信じていたので、後々本性がばれたときに大変なことになりましたがw

母を怒らせない、それなりにいい成績、先生受けも良い、近所の評判も良い。
とりあえずは良い子の完成でした。

でも、大人にはよく思われても、同級生からの支持は普通でした。
うんそれで別にいいはずなんですけどね。
当時の私はみんなに良い子って思われたかったんです。
みんなに大事にされたかったんです。
対象は、大人だけでなく同級生からも。

そこで私が考えたのは

「メモ帳をたくさんもっていればいい!!」

という幼稚なものでした。
小学生が使う手紙用のメモ帳ってあるじゃないですか、一冊250円くらいの。
あれをもっているとみんなにうらやましがられるので、あれをたくさん持っていたら
私ってすごいとおもわれるんじゃない!?
と思うようになったんです。

当時確か小学校4、5年生くらい。
このときすでに私はすでにくずだったんです。
うそつき病だったわけですね。

最初は門限をやぶってしまった言い訳や、おこづかいの使い道のうそなど。
どんどんエスカレートしていました。
自分を守るためについていた嘘が、自分を誇張するためのうそになっていたんです。
じょじょに、まったく関係の無い話までうそをつくようになりました。
それも、考えてうそをつくわけじゃなく、普通に息をするようにうそをつくんですよね。

「○○ちゃんが○○っていってた」とか「昨日○○ちゃんがあそこにいったんだってー」とか
私には何の影響もないことも作り話をするようになったんです。

だから、うそをつくことに何もおかしいと感じない神経でした。
うそつきは泥棒のはじまり、とはよくいったもので。

私は親のお金をとるようになったんです。

私の父は、帰ってきたらポケットの中の小銭を引き出しにぽんぽんと
おくような人でした。
まずはそこから。
最初はどきどきしながら100円玉を何枚かとっていました。

そして私の思惑通り、メモ帳をたくさんもっていると女の子にもてはやされるようになりました。
私は「たくさんあるからあげるよー」とみんなにくばっていました。
親からとったお金なのに、そのときに罪悪感はまったくありませんでした。

悪いことはエスカレートするのが常なんでしょうか。
最初は数百円を小銭の中から取っていたのが、だんだん足りないと感じるようになりました。
たしかこの辺りで中学生。
今度は父の仕事着を狙うようになりました。
玄関の近くの廊下にかけてある仕事着には父の財布がよくいれたままになっていました。
廊下にいく振りをしながら、音が鳴らないようにそっと財布をとりだして、千円札を
ぬきとりました。
たまにそれをくりかえすうちに百円玉は狙わなくなりました。

買うものも、メモ帳だけでなく、別の文房具やアクセサリーにうつっていきました。
学校では私はいろいろ持っているおしゃれな子でいられました。
成績も良かったし、委員でも部活でも活躍していたので、いわゆるリア充気分でした。
まぁこの年代になると猫かぶりなのがばれていじめられたりもしましたが、
問題になるより先に自分から先生に相談して、泣きながら
「でも、私がでしゃばってるから悪いんですよね・・・みんなにいやな思いもさせたくないし
私もいやなことはいわれたくないんです。どうしたらいいか教えてください」
といっていました。
弱いがんばっている生徒に先生は味方してくれるだろう、と思っての行動です。
結果的に先生が熱血指導してくれて、狭い近所中にいじめが知れ渡り、
いじめた相手は逆に避けられるようになりました。
ざまぁwwwwとか思っちゃうようなかすでした。

相変わらず親のお金を盗みながら、中学生活を楽しんでいました。
最初は量も少なく、できるだけ目立たないような形に残らないようなものを
選んでいました。
だけど、額があがるにつれ、家にもちこむものも増えてきました。

具体例をあげると、ファービ○とかですね。あのしゃべるやつ。

親が買ってくれなかったので自分で買ったんですがさすがにそういうものは
家に持ち込むとばれます。
そこで、設定を作っていました。
「K先輩」です。

「K先輩」は同じ部の先輩で実在はします。でも本当は普通の先輩です。

その先輩を私はお金持ち設定にしました。
「K先輩が買ってくれた」「K先輩の家に行く」など、
うそをつくときはよく使うようになりました。

母は世間知らずなのか疑うことを知らないのか、
「面倒見が良い先輩ねー」と私の言うことを信じていました。

そんなうそをつきながら、私自身も私にだまされていました。

自分のついた嘘と現実の区別がたまに本当につかなくなってきていました。
一人で少し離れたところでほしいものを買って帰りながら
「いいものをもらえたなー」なんて考えていました。
もらってなんていないのに、むしろお金を盗んでいるのに。

このK先輩、途中で霊能力もあることになっちゃいました。
ほぼ同時期かな、母の財布からもお金をとるようになってしまいました。

ほしいものを買って、よく寄り道をして何か食べて帰った中学生時代。
そんな3年間も終わり、高校に入学しました。

家から程近い普通の高校です。

高校でも変わらず中学生時代みたいな生活が続くんだろうなーと思っていた
・・・というか、それすら当然に感じて考えてすらいなかった矢先、
生活が一変しました。

人のものをとるのはよくないです、本当。
ここからがたがたと落ちていきますwwww自業自得ですね。

最初のほうに書いた母のヒステリー時代。
これの終わりをつくったのが宗教でした。
母の知り合いがはいっていた宗教に入信し、なんだかいろいろしているうちに
母は落ち着いてきました。
ヒステリーが落ち着いてからも母は宗教活動をつづけ、ご先祖様の供養などを
定期的にしたり、集会的なものにいったりしていました。

そんな宗教仲間に母がK先輩のことを話したんです。

お金持ちで、
いろいろ買ってくれて、
ご飯にも連れて行ってくれて、
霊能力もあって、すごいのよー。

まぁ、直接会ったことはないんだけどね。

って感じだと思います。
自分で設定しておいてなんですが、めちゃくちゃ怪しいですよね。

宗教仲間は当然「何かおかしい!」といいだし、霊視みたいなものを
母にすすめました。
その霊視をした人と宗教仲間の一致した意見が

「1ちゃんが嘘をついている」

でした。

最初は
「妹ならともかく、1はすごく良い子なんだからうそなんてつくはずない!!」
といっていた母ですが、中学の先生に問い合わせてK先輩のことをきいたり、
私の友人の親に話をきいたりするうちに、私の話とほかの人の話がかみあわないことに
嫌でも気づいてきたみたいです。

中学3年生のときだったかな・・・。

母が私の嘘にきづいて、嘘の多さに私を信用できなくなりました。
誰にでもすべてを自慢できる長女、が、大うそつきだってわかったんですから。
仕方ないですよね。
私が無駄な見栄をはろうとしたのが悪いとわかっています。
母はまたおかしくなりだしました。
誰も信用できなくなりました。
おさまったはずのヒステリーをまたおこすようになり、
「お前なんてしね」
「お前を生んだことが私の人生最大の間違いだった」
「人の皮をかぶったばけものめ」
毎日そういうことを言われ続けました。

そのとき私はお金をとったことを悪いとあまり思えませんでした。
実感が無かった感じです。
ただ、今まで築き上げてきた「良いこな私」がいなくなったことがすごくショックでした。
そうだよね、死んだほうがいいよね。と思うようになりました。

ベランダから飛び降りようかな、と思ってベランダに出てみました。
高いなーと思いながらぼんやし下をみていると後ろに母がきました。
「死ねよ、早く飛び降りろよ。どうせできないんでしょ、あんたはそいうやつだ」
と笑われました。
そのとおり、飛び降りられませんでした。怖くて。

薬なら大丈夫かなーと思い、風邪薬を一箱飲んでみました。
箱を見せながら「私死ぬから、もう大丈夫だから」といったら「それくらいじゃ死ねない」
と笑われました。
私も本当はそれくらいの量じゃしねないこと、わかっていました。
急に眠くなって夜まで寝ただけでおわりました。

死ねずに、だけど、逃げ場も無くて。
つらいまま時間だけが過ぎていきました。
母はずっと傷ついたまま、私を罵倒するしかなかったんだと思います。

高校を卒業後、就職しました。
いわゆるブラック企業で朝の8時から夜の10時まで働いていました。
休日は月に3日。
私は未成年だったのでその時間でしたが、ほかの人はほとんど午前様でした。
1年半続けましたが、やめました。
その次の仕事は大手の契約社員でした。

最初の職場は休みが少なくて、それなりに貯金はたまりました。
新しい職場は大手なので、調べてみるとお金を駆りやすいみたいでした。

逃げたいな・・・・

そう思うようになりました。

20歳になる3ヶ月くらい前には決心がつきました。
この家から逃げよう、でも親には頼れない。親には言えない。
最低限必要なものだけもって逃げよう。

100万円くらいの貯金と、キャッシングを頼りに、家出計画を立てました。

そうだそうだ。
ここで少し恋愛の話をはさみます。

最初の彼氏は18歳のとき。ひとつ上の大学生でした。当時私は社会人。
コスプレイヤーだったんですよ、いわすな恥ずかしいw
ちゅうだけして別れました。
依存されるのが嫌だったんです。

二人目の彼氏?が初体験相手。
家庭の事情が複雑な人で、結婚はできないとわかっていました。
それがつらくて別れちゃいました・・・。
この人と同じ苗字を見るといまでもドキッとします。

二人目をひきずっていながらもなんとなく書き込んだ出会い系サイトw
そこで「ネカフェで痴漢してほしいです」と書き込んで出会ったのが三人目の彼氏。
10歳年上だったかな。
最初にあった日はネカフェで少しさわりっこをして、あとは普通に話をしました。
親にばれてはいるもののいい子癖がぬけていないせいか、何故か、気に入れれてしまったみたいです。
2人目をふっきるためにしばらく待たせてから付き合いました。

つきあったもののすぐにわかれてごめんなさい。やはり二人目をわすれられませんでしたみたいで。

その三人目と別れてしばらくして、家出をしたわけです。

ちなみに彼ともちゅーしかしていません。3、4ヶ月待たせたと思う。のにごめんなさい!!!!!

話は戻ります。
二十歳になった数日後、賃貸契約をして必要最低限のものだけもって家を出ました。
仕事に行ってきます、といったっきりです。
事前に休みを取っていました。
もうこの家にはこないんだな、とふりかえって涙が出てきました。
っていうか今も泣いちゃっています。
それから今まで、一度も帰っていない実家です。
自由になる開放感と、親も頼らずに一人になる不安と、何もいえなかった後悔と。
いろんな感情を今でも思い出してしまうと苦しくなってきます。

普段はバスで向かう道を、歩いていきました。
必要最小限のものだけある新居についてからも泣いていました。
泣きすぎて胃が痛くなってきて吐きました。
新居のトイレで、お手洗いより先に吐きました。

3人目の彼(すでにこのとき別れてはいるけど仲良くはしてた。事情をよくしっている)
から連絡がきて、新居祝いを家に届けてくれました。

補足ですが、一人目と二人目は私と会う前からコスプレイヤー。
三人目は私と仲良くなるために私の仲間に入り込みコスプレデビューです。

新居祝いを届ける、というのは口実で、不安な私のそばにいようとしてくれていたみたいです。
その日から数日間は、コスプレ仲間が入れ替わり家に来てくれました。
私の知らないところで気をつかってくれていたみたいです。

まぁ、一週間くらいで4人目の彼氏ができたわけですが。
出会いは割愛しますが、年下の学生。
初めての年下ですね。
彼との付き合いはこのあと4年くらいです。

私の家で半同棲状態になりました。
みためはあれですがwおっとりしていて器が大きくて、優しい人でした。

友達に守られ、彼氏もでき、新しい生活のスタートは好調でした。
親がおいかけてくることを恐れ、職場の友達と一緒に帰ってもらっていました。
捜索願いが出されないように、家出をした日に
「もう帰りません、さようなら」
ってでんわをしてきりました。

この当時も、うそつき癖はまだありました。
家での原因は幼少期からの親の虐待だといっていました。
人のせいにするなよっていう・・・・・・。

始めは好調だった新生活ですが、すぐに陰りをみせはじめました。
母と同じく、私も体が強いほうではないので、半年の間に二度入院してしまいました。
契約社員なので、働かないと収入はありません。
入院費はかかります。
貯金は消え、キャッキングの枠もなくなりました。
催促の電話がかかってくるようになり、それがストレスで、さらに体調を崩しました。

彼は実家からの仕送りのみの生活で私に生活を頼り、
生活費を月に5000円だけ入れていました。たりねーよとw
そんなこともいえず、ただぎりぎりの生活が続いていきました。

忘れもしない6月1日

風俗で働くことになりました。

どうしても親に頼りたくなかった、頼れなかったんです。

痴漢相手を探すくらいだから、本番はしない店ならいけるんじゃない?
と、面接をうけて、すぐに体験入店することになりました。
最初は店長から一通りの流れを教えてもらうことになりました。
いい子癖がついている、もとい、相手の反応を見抜く技術だけは無駄に高かったので、
店長の反応をみながら、お店のカラーを考えながら、一通りプレイをしました。
「完璧だねぇ、すぐに人気がでるよ」
といわれて
「いえ・・・・」
とはにかみながらも
「あぁ、楽勝なんじゃん?」
と思っていたのをよく覚えています。

店長の言葉通り、一ヶ月後にはほとんどがリピーターさんで埋まるようになりました。
でも、私の予想とは反して、精神的にすごく追い詰められる仕事でした。

過去の恋愛からもうっすらわかるように、私、依存されるのがきらいなんですよねwwwwwwwwwwwww

出勤日のたびに会いに来る人、
数時間貸しきりにする人、
遠くからわざわざ会いにくる人、
会いにくるたびにプレゼントを持ってくる人。

精神的にどんどん圧迫されてきました。
だけどお金は必要だったので働くしかなくて、
契約社員のほうを辞めてしまいました。

ここから風俗一本の生活が始まります。

彼には「前の職場にもどった」といっていたら信じました。
ここでも嘘、ですよね。

指名がとれるのでお店の人からはとても大事にされました。
大事にされることで、昔の「いい子な自分」に戻れた気がしてうれしくなりました。
だけど、その分の期待も大きく、また依存されるつらさで半年くらいでやめてしまいました。
すぐに普通の仕事にもどろうとしたけど、100万近い負債がのこっていて、
やはり普通の仕事では返済が難しいと思い別のお店にいきました。

新しいお店では同じ業界の友達もできました。
みんな事情を抱えながらも、普通に女の子な話もできる子達でした。
まぁ下ネタ率が高かったですがねwwwwwwwwwwww

でも、お店はゆるゆるでだめだめでした。
店員は普通にセクハラをしてきますし。
遅刻、当日欠勤が当然。
シャワーを浴びずに接客をはじめる子も複数。
ホスト・パチンコにはまっているこもたくさんいました。
そんな中でまじめに働いて、指名はいつも2位でした。
1位の子はすごい子だったので勝てる気はしませんでしたが、いつも3位とは
離していましたよ。えへん。

自分ではがんばっているつもり、でした。
というかがんばらないと生活できないし、彼を養えないし(?)、自分を維持できない
と思っていました。

しかしまたもや事件が。

めずらしく私が当日欠勤をお願いしたところ
「むりむりー、今日はもう休みが多いから絶対きてね」
と笑っていわれて一方的に電話を切られました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ぷつん。

と、何かがきれました。
すぐに電話をかけ返し
「休みがもらえないならもうやめます。さようなら」
といって即切りしました。
きれやすい若者、なんでしょうか。このときの精神状態は本当に以上だったと思います。
非常識すぎる。

指名上位の子がやめたので、お店はあわてて連絡をとろうとしたり
友達つてに連絡をしたりしてきましたが、頑なに拒否し続けました。

よし☆上京しよう☆

すごく軽いのりで上京することにしました。
彼には「出張をたのまれた」といい、1週間後には東京にいました。
事前に調べておいた店に面接に行き、採用。
ウイークリー契約をして働いていました

でも、暇だったんですね。

そこで、女神を始めたんです。

特定は避けたいので女神の話しはさらっと流しますが、
職業嘘をついてごめんなさいw
ひまだったのと、ちやほやされたかったんですwwwwwwwwwwwwwww
やめたきっかけはなんだったか忘れました。

そんな中彼が社会人になりました、ぱちぱちぱち。
彼の仕事は「先生」と呼ばれる立場です。
おとなしくてやさしかった彼ですが、先生と呼ばれることに慣れ、接待や飲み会に慣れ、
すぐに態度が横柄に変わっていきました。
「俺は先生、なんだから」
「1にはわからないだろうけど、大変なんだよ!!」
と上から目線の発言が増え、もう別れよう・・・と思っていました。

そんななかお客さんとして出会ったのが一番最近の彼です。
名前をわん助としておきましょうか、犬っぽいので。
それまでお客さんとはアドレス交換すらほとんどしない私が、初回でなんとなく
気に入り、アドレスを教えてもらい、店外で会うことになりました。
店外であうのはもちろんはじめてのことです。
お仕事後にそのままホテルにいってエッチしちゃいました。
なんだろう、このときはやたらゆるかったです。

その後すぐに当時の彼と別れました。
当時指名1位だったので変なプライドがあったのに、なぜかわん助だけは別な気がしたんです。

わん助の家は都内のお店から2時間ほどはなれたところにありました。
なので私が会いに行ったり、会いにきてもらったり、3ヶ月近く微妙な関係を
続けて付き合うことになりました。

まじめで、やさしくて、落ち着いていて、そういう人だと思ったんです。

まぁ、だまされていましたがwwwwwwwwwwww
仕事に対しては確かに責任感をもったまじめな人ですが、
私生活はだめだめで、ひも状態になり、メンヘラでしたwwwwwww

このとき私は500万ためたらやめよう!と思っていたので、貯金は300万
位ありました。
もともと料理好き&節約家で、東京に友達もいなかったので。

二時間の道のりが遠いと思った私は、彼の家の近くにもマンスリーを借りました。
月に12万円。
お店にいきやすいウイークリーも月に12万円でした。
さらに実はこのとき、地元の家もまだ契約したままでした。いざとなったら逃げ帰るつもりだったのでw
家賃だけで月に30万円くらいでした。

彼の家に近いマンスリーは、彼と一緒に住んでいました。
彼の部屋がごみ屋敷だったんですよ・・。
それだけなら私のすきでやったことなんですが、意外な問題がおきました。
マンスリーから彼の職場までは車で通っていました。マンスリーには駐車場がついてこないので
近くのコインパーキングにとめていました。
その駐車場代も私がはらうことになっていたんです。
最初は不便だろうと思って払っていたんですが、途中で
「駐車場代がばかにならないからバスをつかってくれない?」
ときいたんですが
「めんどくさいからいや」
と返されました。
毎朝、私に「お金」といって1500円を渡させるようになりました。

おかしいな、と思うようになりました。

待ち合わせ時間も守らない、
帰ってくるといった時間に帰ってこない。
私にお金を出させてばかりで気にもしていない。
家事を私がすべてしているのに感謝をしていない。
汚部屋慣れしているので、すぐにごみをちらかす。
というか不潔。
耳かきした麺棒を食卓に置いたままにしたり、鼻を噛んだティッシュを
台所においていたり。
手を洗わなかったり。

不満がどんどんたまっていき、私から別れを切り出しました。
「かくかくしかじかで、もう無理。負担が大きすぎるから別れよう」

わん助「じゃあ死ぬ」

ええええええええええええええええええええええええええええええええ!?!?

と思いました。彼は私の2歳上、一見しっかりしているのに。
泣きながら死ぬ!と連呼されました。
ベランダにでながら
わん助「あうあう、もう死ぬ。お父さんお母さんごめんなさい、あうあう」
1「わーーー、危ないからやめてっ」
わん助「分かれるんなら死ぬ。死ぬ死ぬ死ぬーーーーーーーーー」
1「わかった、とりあえず落ち着け!!」

別れ話をして、暴れられて、よりを戻し。

1「やっぱりむりだ、別れよう」
わん助「今度こそ死ぬ。さようなら。さぁ、殺して(包丁を持って)」

の、繰り返し。

ついに切れて私が
「じゃあ私に迷惑がかからないように死んでよ」
といったら
「一人はいやだぁぁぁぁぁぁぁ、ねぇ、死んで?一緒に死んで?ねぇ、ねぇ・・・・・あはははははは」
と壊れられました。
投げ飛ばされたこともあります。

元来気が強いので、死ぬ死ぬ詐欺になれてくると私も言い返すようになってきました。

「男の癖にうんぬん」
「今まで付き合ってきた人はうんぬん」
「だからお前はだめなんだ」

というのを、あえてプライドを傷つけるように言い返すようになっていきました。
人生ではじめて気持ちをわかったうえであえて、嫌がることを言うようになりました。

さらにきれられて、殴られたり蹴られたり投げ飛ばされたり、散々でしたがw
私もやりかえしていましたしwwwwwwwwwwwww

そんな私はお店では萌え系ロリっ子でうっていますwwwwwwww

そんなぼろぼろ状態なのに私は彼の家の近くに正式に家を借り、
地元のマンションとお店近くのウイークリーを解約しました。
DV後にやさしくなる、典型的なあれですかね?

家賃関係をいったん清算したころには貯金がなくなっていました。
彼はお金を一切いれずにうちにすみついていました。
でも東京にしりあいがいない寂しさから、彼を切り捨てられずにいました。

そんなこんなで2年半、くらいか?3年?
年齢がばれる感じですがw

今年に入ってからです。
私の就職が決まりました。

久しぶりの普通の仕事。
職場の人をみて思ったんです。

素敵な人って多いじゃん!
あえて彼といっしょにいなくてもいいじゃん!!
こんどこそ別れよう。

真剣に冷静に話しました。
今まで負担だったこと、改善されなかったこと、傷ついて傷つけられて不毛だと思うこと。
そして、「もう愛情は無い」ということ。
めずらしく、きれいに距離をおくことになりました。
これが、2月はじめです。

2月の始めからはたまに連絡を取ったり食事にいったりするものの、距離を置いていました。
彼の部屋は相変わらず汚部屋なのでたまに泊まりにきていました。
私は仕事をしながら、月に数日風俗にいっている状態です。

今週はじめ、彼がうちに泊まった翌日鍵をなくしました。
たぶん前日になくしたんだろう、ということです。
家に入れないので数日うちにとまることになりました。
鍵がなくなってイライラしているのはわかるけど、やつあたりされ続けるのは苦しいですよね・・。
「昨日こなければよかった」
「本当は隠しているんでしょ、いやがらせでしょ?」
「何とかしてよ」
「もう死にたい(再)」
「お前にはわからないだろうけど、あれがないと俺の将来がうんぬん」
・・・・・・・・・・・・・。
私は昼休みに昼ごはんを用意するために一時ばたばた帰宅していたんですが
ずっとこんな感じでした。
仕事が終わって帰宅すると、怒り疲れたのか
「昼間はごめんね、俺も余裕が無くてひどいことをいっちゃった。今日もいていいかな?えへっ」
とモードがかわっています。
気がたってくるとまた時間に関係なくきれるんですけどね。
でも追い出せなかったのは情なのか、怒っている人に対して良い子にしようとするくせなのか。
結局鍵がみつかるまでの4日間、泊めました。

そして今日、っていうか昨日?

お昼過ぎに電話をしました。
泊めた分お礼にごはんに連れて行ってもらう約束だったので予定を聞こうと思って。
しかし、留守電。
夜にもう一度電話をするもやはり留守電。

だいじょうぶかなー。と思っていた日付変更前に電話がかかってきました。

友達と遊んでいたそうですwwwwwwwwwwww

まぁ友達と遊んでいるのは別にどうでもいいんですよ。
でもね!!
電話orメールくらい返そうよっていままで何度けんかしたよーーーーーーー!!

とへこみ、一応渡しておいた合鍵を返してもらうことになりました。
もう二度とメールも電話もするな、私の人生の邪魔をするなと伝え、電話をきりました。
っていうか「友達がまってるから、じゃーねー☆」
っていわれました orz
数日前まで人に頼りまくっていたのに、鍵が見つかったとたんこれかい!!
とどっと疲れが出ました。

んで結局何が言いたいかというと、

「うそつきは泥棒の始まり」

っていうのは名言だなーってことです。

いつか今までを振り返りたいと思っていたからいい機会かなぁっと思ったのと、
今度こそ完全に縁をきるぞー!っていう決意表明です。
自己満自己満!!!!!!!!!!

書き忘れていたんですが、去年の震災で被災したときに「もうだめかも」
と思い実家に電話をしました。
親不孝な娘でごめんなさい、本当はもっとちゃんと謝りたかった。
とりあえずそう伝えました。
それから1、2ヶ月に1度は連絡をするようになっています。

彼を恨んでも仕方ないし、勉強だなーと思って次に行こうと思います。
でも、自分の男を見る目に本当に自信が無いwwwwwwwwwww
がんばる・・しかないのか?
養うしかないのか、目を!!

余談ですが、妹は性同一性障害かもしれなかったり、離婚騒動があったりしました。

出典:【画像あり】元女神だけど、人生を振り返ってみる
リンク:


アダルト動画 -DUGA-
デジタルコンテンツ配信サイトDUGA(デュガ)では、多彩なジャンルの作品を月額&PPVで配信中。アダルト動画を中心に人気作品からDUGAだけで見られる独占配信作品まで22,266本が集結!
管理人も常連購入者です!

管理人が体験して撮影したフェラチオ・手コキ画像公開!
ザーメン中毒の若妻

ザーメン中毒の25歳若妻 

今回使用したサイト 完全無料 ノーブル
※ゲットした女性 ザーメン中毒の若妻
※実際に会うまでの期間 2日
※使ったお金 お茶1500円+ホテル代6000円=7500円
※発射回数:2回

管理人コメント:ゴクンと喉を鳴らしてザーメンを飲み干し手や口元に付いた唾液と我慢汁とザーメンの混合液をペロペロと舐めながら「すごーい!いっぱい出たね~!」と微笑んでくれ驚いていました。

巨乳OL24歳のフェラテクに轟沈

巨乳OL24歳のフェラテクに轟沈

今回使用したサイト snap
※ゲットした女性 極上フェラテクの巨乳OL
※実際に会うまでの期間 10日
※使ったお金 居酒屋5000円+ホテル代4500円=9500円
※発射回数:3回

管理人コメント:「凄く気持ちいいんだけど口の中でどんな風に舌を動かしているの?」と聞くとちょっと照れ臭そうに「う~ん・・・こんな感じかな?」と速さの強弱を付けて亀頭を何週もグルングルンと舐めまわすエロい舌使いでした。そりゃ秒殺させられるわw

超舌技巧のアミちゃん25歳 ショップ店員

チンポ大好き姉さんの強烈吸引 23歳フリーター

今回使用したサイト snap
※ゲットした女性 チンポ大好き姉さんの強烈吸引 23歳フリーター
※実際に会うまでの期間 8日
※使ったお金 食事代4000円+ホテル代4500円=8500円

管理人コメント:じゃあ舐めるね。」と目を見つめて言うと鈴口に少しだけ舌を当てて軽くチロチロと舐め始めました。触れるか触れないか位の超フェザータッチでくすぐったいような感じですが声が出てしまうような刺激で気持ち良過ぎます。チンポの根元を掴んでしっかりと皮を剥いた状態で亀頭を咥え込み、舌をグルングルンと回して亀頭全体を舐め上げます。

超舌技巧のアミちゃん25歳 ショップ店員

超舌技巧のアミちゃん25歳 ショップ店員

今回使用したサイト livedoorワイワイシー
※ゲットした女性 超舌技巧のアミちゃん25歳 ショップ店員
※実際に会うまでの期間 3日
※使ったお金 ポイント3000円+ランチ代1800円×2人+ホテル代4500円=11100円
※無くしたモノ 浮かれた気分の帰り道なくした傘…

管理人コメント:唾液でヌルついたチンコを咥えた状態フェラピストン+テコキの複合技を繰り出されたり、最後は音をジュパッジュッパッさせながらのバキュームフェラと最高なフェラテクを僕のためにだしてくれ、僕はハァハァしっぱなしの、たまに快感に負けて「ぁあ~~」とか「くはぁ~~」おかしな声まで漏らす始末です

極上フェラのおもちゃ好き女性 22歳OL

極上フェラのおもちゃ好き女性 22歳OL

今回使用したサイト snap
※ゲットした女性 極上フェラのおもちゃ好き女性 22歳OL
※実際に会うまでの期間 4日
※使ったお金 ローター&オナホール代2500円+ホテル代5250円=7750円

管理人コメント:軽く咥えられて終わりかなと思ってましたが、そこから片手をチンポを添えながら玉舐め、竿を舐め上げ、カリをチロチロ、尿道口をチュルチュル裏筋をヌルヌルとそしてジュッポリと咥えこみ奥までジュルジュルと音を立てながらネットリとバキュームされ彼女のお口に本日2度目の大爆発っ(オナホール使用した1回目よりも大量にでましたっっ)

極上手コキ娘

極上手コキ娘

今回使用したサイト livedoorワイワイシー
※ゲットした女性 極上手コキ娘
※実際に会うまでの期間 3日
※使ったお金 お茶代1000円+ホテル代5000円+替えのパンツ(グチョグチョで替えないと我慢できませんでした…)1000円=7000円

管理人コメント:ヌッチャヌッチャと唾液にまみれたヤラしい音をたてながら、生殺しのような気持ちよさにさらに言葉で責められあっという間に、これまでにみたことないほどの量が勢いよく発射され僕の手やお腹、チンポは精子まみれになりました、、、

これより昔のフェラチオ・手コキ画像はこちらからどうぞ

 
チンポのプチ整形をカリスマ医師の本田先生が直接執刀してくれます! チンポのプチ整形をカリスマ医師の本田先生が直接執刀してくれます!
包茎手術・治療・本田ヒルズ
 
逆アクセスランキング
 
スマホ専用ページへ行く! スマホでも手コキ動画!

スマホ専用ページはこちら!
スマホ専用ページ

フェラチオ君と手コキ君のスマホ専用のページにいけます!スマホに最適化されたPC版とは違う内容の動画を毎日配信してますので、フェラチオや手コキ動画が好きなら要チェックです!

 
スマホ専用ページへ行く! ケータイでも手コキ動画!

ガラケー専用ページはこちら!
ガラケー専用ページ